実は簡単なキャプチャーボード。USBで接続もラクラク

「リッピング」ではなく「キャプチャ」する

ブルーレイをコピーする方法として、「キャプチャーボード」がおすすめです。

キャプチャーボードは、プレイヤーやレコーダーなどの映像をパソコン用のデータに変換するツールです。これを使えばブルーレイの映像をパソコンにコピーすることが可能です。

キャプチャーボードは、BDプレイヤーなどで再生している映像を「録画」という形でコピーします。録画によるコピーはディスクのデータを抽出したり暗号化を解除したりはしません。そのため、BDやDVDのリッピングソフトを使ったコピーとは違い、AACSなどのコピーガードを解除しません

キャプチャーボードの使い方は実は簡単です

いきなりキャプチャーボードと言われても、何のことかさっぱり分からない方も多いでしょう。でも大丈夫。USBで接続するタイプなら、パソコンや機械類が苦手な方でもそれほど迷わずに使えると思います。

デスクトップパソコン用のキャプチャーボードは、PCケースの内側に取り付けるタイプが多いようです。しかしパソコンを自作する知識が必要なので敷居は高いでしょう。USB接続のタイプはマウスやキーボードと同じ感覚で接続できるので、非常に簡単です。また、ノートパソコンでも使えるという点は嬉しいですね。

USB接続のキャプチャーボードにもいろいろな種類があります。汎用性重視なら、4種類の端子に対応した「EzCAP HD」が使いやすいかもしれません。

EzCAP HDはこちらの公式サイトから詳細を確認できます。サポートページからマニュアルもダウンロードできるので、購入前に使い方をひと通りチェックしておくと良いでしょう。

汎用性の高いキャプチャーボードならBDだけでなくDVDやゲーム機なども録画できます。様々な使い方ができるので、宝の持ち腐れになりにくいと言えます。

■参考:EzCAP HD公式サイト

SNSでもご購読できます。