2016年 5月 の投稿一覧

ブルーレイコピーの方法を分かりやすく説明【2016最新】

当サイトではブルーレイ・BDコピーについての情報を配信しています。それぞれのブルーレイコピーソフトについてやキャプチャボードの紹介もしています。

ブルーレイコピーを可能にするにはDVDと同様にプロテクトを解除しなくてはいけません。しかし、このプロテクトの解除行為は現在違法行為になっています。

そのため、ブルーレイのコピーガードの解除をしないブルーレイコピー方法が必要になるわけです。それがキャプチャボードでのコピー方法になります。

キャプチャボードでのブルーレイコピー方法とは??

D0011_udemaku20140830150104_1000キャプチャボードはゲーム実況用の録画用機器として脚光を浴びましたが、これ自体は結構昔からあります。むしろ、仕組みとしてはアナログなやり方の部類に入ります。

映像再生機器とキャプチャボードをケーブルで繋ぎ、映像再生機器からケーブルで出力された映像をキャプチャボードが録画保存してくれるという仕組みです。この方法の最大の強みはリッピングソフトのようにブルーレイディスクの中身を解析するのではなく、再生映像をただ録画することにあります。

つまりはリッピングソフトはその特性上、ディスクを解析→ディスクに搭載されているプロテクトの解除が必要になりますが、キャプチャボードはディスクの解析が必要ありません。

なので、プロテクトに抵触することなく映像を録画、つまり違法性のないブルーレイコピーが可能ということです。

キャプチャボードは時間がかかる??

PASONA_28_TP_Vといってもこのキャプチャボードでのブルーレイコピーにもデメリットがあります。

まず、録画という形で映像保存を行うため、当然、時間がかかります。この時間の問題についてはリッピングソフトを使ったブルーレイコピー方法でもどっこいどっこいなのでそこまでのデメリットでもないかもしれません。リッピングソフトでの時間については以下を参考にしてみてください。

関連記事:ブルーレイ・BDコピーはPCスペックにより時間が違う

また、画質についての問題もあります。キャプチャボードはリッピングソフトのようにデータをまるごとコピーするものではなく、再生映像を上から録画する形で映像保存を行うので画質の劣化が気になります。特にブルーレイは高画質・高解像度であることが前提になりますので画質の問題は重要です。

キャプチャボードの画質は??

IMG_1137キャプチャボードでの録画画質を決めるのは接続するケーブルになります。

出力される映像がHDMIなどのデジタルであれば無劣化で映像を録画することが可能です。しかし、このキャプチャボードにもプロテクトが発生します。それがHDMIにかかるHDCPというプロテクトです。
HDCPがかかるとHDMIでの映像出力が正常に行われなくなり、キャプチャボードでの録画ができません。そしてこのHDCPの解除行為も違法行為になります。

そこで代用品として使われるのがコンポーネントケーブル。このコンポーネントケーブルはアナログながらHDMIと同じの1080の解像度に対応しています。ブルーレイの解像度も1080なので、ブルーレイコピーにはこのコンポーネントが相性がいいといえます。

ただし、難点がコンポーネントを搭載しているブルーレイレコーダーが今はもう少なくなっていることです。

まとめ

今回はキャプチャボードでのブルーレイコピー方法とそのデメリットについて説明させていただきました。

リッピングソフトでのコピー方法が違法であるうえに衰退している現在において、キャプチャボードでのコピー方法が唯一のブルーレイコピー方法といえる状態になっています。キャプチャボードは機器さえそろっていればブルーレイに限らずいろいろな映像を保存できるという強みもあります。

検討している方はまずは自分の持ってる機器の出力端子をチェックしてみましょう。

関連記事:BDがコピーできない理由と解決策|2016決定版

ブルーレイ・BDコピーはPCスペックにより時間が違う

ブルーレイやBDコピーをする上で使われるのがリッピングソフト。

リッピングソフトはすぐにコピーができるというイメージが強いですが、それはリッピングするPCのスペックによって時間は大きく変わります。ノートPCなどCPU、メモリが十分でないとブルーレイコピーすらできない可能性もあります。

※リッピングソフトを使ったプロテクト解除行為は違法行為になります

リッピングソフトは早いというのは迷信??

当サイトでも紹介しているキャプチャボードでのブルーレイコピー方法。これはブルーレイレコーダーなどのBD再生機器とキャプチャボードを接続することでレコーダーで再生された映像をキャプチャボードが録画コピーする方法でコピーを行います。この方法はプロテクトに抵触しないので安全にコピーが可能ですが、テレビ番組の録画と同じように時間がかかる欠点があります。

しかし、かといってリッピングソフトがわずか数分で丸々BDコピーできるかというとそんなことはありません。

catsegr

ブルーレイコピーの時間で検索をすると、このような投稿を発見しました。2013年のものですが、DVDFabを使ったブルーレイコピーの時間についての質問です。

ここに書いているとおり、ブルーレイコピーにて5時間かかっていることが分かります。回答者が書いているとおり、設定上の問題もあると思いますが、リッピングソフトでもブルーレイコピーに数時間かかるのは普通のようです。

プライバシーのため、モザイクが入っていますが、この方のPCスペックやドライブはノートPCなどのようなものではなく、高スペックなPCでした。また、この投稿者は自作のBDをコピーしています。

こう考えると下手するとキャプチャボードでのコピーの方が早い可能性もありますね。

ブルーレイコピーの時間を早くしたいなら…

computer-1209104_960_720ブルーレイ・BDのリッピング速度はPCスペックよりもドライブの性能によるものが大きいようです。つまり読み込み速度ですね。PCをカスタマイズする際も読み取り速度の早いドライブを搭載することが大事みたいです。しかし、ドライブによってはBD読み込み時に静寂性を保つためにわざと速度を落とすものもあるようなので記載スペック通りにはなりません。

もちろん、ドライブだけでなくPCスペック自体も良いほうがいいに越したことはありません。メモリなどは2GBなどですとBDの読み込み+リッピングの負荷に耐え切れません。メモリが8~16GB、CPUはCore i7、そしてドライブは8倍速以上のもの。これくらいのスペックを揃えれば、2時間映画なども1時間以内にリッピングすることができるでしょう。

しかし、ここまでして違法性のあるリッピングソフト(しかも有料)を使うのであればPC不要のキャプチャボードを使ったほうが私はいいと思います。

まとめ

DVDであればリッピングソフトはもっと早くリッピングすることができるでしょう。しかし、BDは容量もDVDの5倍以上になります。なのでその分、データのコピーに時間がかかるのも当然です。

上でも言ってるとおり、下手をするとPCスペックによってはキャプチャボードでのコピー方法の方が早かったりします。しかもプロテクトの種類に関係なく出力されているものであれば映像録画ができるので、ファイナライズエラーなどの最後の最後でつまずく…なんてこともありません。

BDだけでなくDVDやゲーム映像などいろいろな出力映像を録画できるので1つもっておくと重宝するはずです。

キャプチャボードについては以下の記事に詳しく書きましたので参考にしてください。

関連記事:BDがコピーできない理由と解決策|2016決定版

ブルーレイ・BDをコピーしてくれるサービス、業者について

ブルーレイもDVDと同様にダビングやコピーをしてくれる業者やサービスがあります。料金はかかるものの、業者がすべてを行ってくれるので手間や時間もかからずにブルーレイのコピーが可能です。
また、大量にブルーレイを複製コピーしたい場合などにもこのようなサービスを使う利点があります。

PASONA_40_TP_V

今回はブルーレイ・BDをコピーしてくれるサービス、業者について書いていきます。

ブルーレイコピーを行うサービス・業者について

業者というとコピー業界ではVHSをDVDにダビングしてくれる業者がよく知られています。DVDの普及によって見なくなったVHSをデータ化してDVDにしてくれるサービスです。VHSはデッキがないと見ることができず、またデータ化しないとテープが劣化することもあり、このサービスは人気がありました。

しかし、時代はDVDからブルーレイへと移り変わっています。昨今ではブルーレイをコピーしてくれる業者サービスも多くなってきました。

業者サービスを使うメリット

運動会や行事などの映像を撮ったブルーレイを大量にコピーしたい場合などに業者などを使うことがあります。大量にコピーをする場合、ブルーレイは容量が大きいので1つ1つのコピーに時間がかかります。すべてを個人が行おうとすると膨大な時間がかかります。なので、大量のコピーを行うには非常に適しているサービスといえるでしょう。

業者サービスのデメリット

業者にもよりますが基本的にブルーレイのダビングコピーはDVDのコピーよりも割高です。大体DVDコピーの2倍~3倍の料金設定となっています。大量に発注するほど1枚あたりの価格も割引になる設定となっているので2、3枚のコピーであれば自分で行ってしまってもいいかもしれません。

関連記事:BDがコピーできない理由と解決策|2016決定版

また、業者などのサービスでは基本的に著作権に関わるテレビ番組の録画BDや市販の映像BDのコピーはできません。なので、これらの依頼は当然、断られます。

著作権に関わるブルーレイとは??

GREEN_cyomecyome_TP_V著作権に関わるものといっても具体的にどのようなものが判別がしにくいと思います。基本的に下記のようなものが著作権に関わるものなので参考にしてみてください。

  • 期間関係なく古いものも含めてテレビ番組を録画したもの
  • 映画のBD(DVD、VHSも含む)
  • 海外で購入したBD(DVD、VHSも含む)
  • 個人撮影のもので「複製禁止」などが書かれているもの

これらのコピーは基本的にダメです。これは違法行為になってしまうので業者も受け持つことができないわけです。もしよくわからない場合は業者に実際にチェックしてもらうといいかもしれません。

まとめ

今回はブルーレイコピーと業者サービスについて話させていただきました。あまり個人では利用される機会はないと思いますが、数年前に比べるとこれらのサービスも価格が適正され利用しやすくなっているかと思います。当サイトでは基本的に個人ができるBDコピーについて書いていますが、大量複製など行事などのイベントで必要がある場合はこれらのサービスを利用できることも知っておくといいと思います。