BDコピーができるフリーソフトが存在しない理由

IMG_2875ISUMI_TP_V

当サイトではBD、ブルーレイコピーについての情報をまとめています。

みなさんがBDやDVDなどをコピーするための方法としてまず考えるのがリッピングソフトになると思います。しかし、このリッピングソフトは著作権法の改正や著作権に関する規制により、2016年4月現在、どんどん縮小の一途をたどっています。

今日はBDコピーリッピングソフトが衰退している理由について書いていきます。

BDコピーができるフリーソフトが存在しない理由

現状として、BDをコピーできるフリーソフトはおろか、有料ソフトでさえもプロテクトの解除機能は搭載されていません。なぜならプロテクトの解除機能を販売することは違法だからです。また、プロテクト解除してBDコピーを行うことも違法行為にあたります。各ソフトについては当サイトでも調査・検証を行いましたのでご参照いただけると幸いです。

関連記事:AnyDVD HD

関連記事:DVDFab HD Decrypter

関連記事:MakeMKV

関連記事:4Videosoft Blu-ray リッピング

BDコピーはDVDコピーと異なり厄介

padlock-597495_960_720BDにはDVDよりも強力なプロテクトが搭載されています。それがAACSです。このAACSが厄介なのは最新のバージョンのAACS搭載BDをレコーダーで再生するだけでそのレコーダーの対応プロテクトバージョンも更新されるという性能を持っています。つまりプロテクトを感染アップデートするということです。

これにより、BDの再生すらPCでできないという話もよく聞きます。BD再生にはそれぞれAACSバージョンがBDディスク、ドライブ、再生プレイヤーで同じである必要があり、さらに再生プレイヤー側はAACSにライセンス申請をしないと再生すらできないという折り紙つきなのです。著作権に関する規制はしっかり行わなくてはいけないことは間違いないわけですが、この規制が同時にBDというメディアの普及を阻害している結果になってしまっています。

リッピングソフトはBDコピーできない

再生ですらできないのだからBDコピーなんてもっと厳しいのは当たり前です。AACSを解除できるフリーソフトは現在なく、さらに有料ソフトで実際に使えていたAnyDVD HDも事業を停止させました。
これにより、現状、法的な話は置いても、リッピングソフトでBDコピー自体ができなくなってしまっています。

また、BDだけでなくDVDに関してもコピーに関してはフリーソフトはありません。もちろん、現在もフリーソフトをダウンロードできますが、これらはすでにアップデートを数年前に終了したものです。なので当サイトでは厳密に確かめたわけではありませんが最新のプロテクトには対応していないでしょう。

まとめ

2012年の著作権法改正以降もリッピングソフトはネットでダウンロードできていましたが、ここ最近、日本だけでなく世界中で著作権に関する規制が強くなっています。当サイトでは著作権に反しないBDコピー方法を紹介していますが、この方法もこれからどうなっていくかは分かりません。興味のある方は一度、ご参照いただけると幸いです。

関連記事:BDがコピーできない理由と解決策|2016決定版

SNSでもご購読できます。