BD(ブルーレイディスク)のコピーについて

BDをコピーしたい

ブルーレイディスク(以下BD)はDVDに比べて高画質で、映画など美しい映像をより楽しめるようになりました。
ブルーレイはここ最近その鮮明な解像度と大容量で人気が高まってきています。それに比例してブルーレイをコピーしたいという需要も高くなってきてます。

「BDをコピーをするなんて、パソコンに取り込んで、ドラッグ&ドロップでできるんじゃないの?」

BDは、AACSやCinavia等のコピーガードで保護されているため、通常のドラッグ&ドロップではコピーできません。BDはDVDより高度なコピーガードが使われているため、コピーも難しくなっています。

そんなBDのコピー方法は、大きく分けて二通りあります。

リッピングソフトを使ってコピーする

リッピングとはBDに記録されているデジタルデータを抜き取って、パソコンで扱いやすいファイルにして保存することをいいます。

DVDではお馴染の「リッピングソフト」を使う方法。リッピングをしてBDに記録してあるデータファイルをそのままパソコンに取り込むので、再生時間より早くパソコンにBDのデータを取り込むことができます。

しかし、現在ではほとんどのBDでリッピングを防ぐためのコピーガードがかかっていて、リッピングソフトを使用してもデータを取り出すことが難しくなっています。(※すべてのブルーレイでリッピングができない訳ではありませんが、リッピングできないケースは増えています)

そして、2012年10月1日よりリッピング違法化が施行され、コピーガードやリッピングを防ぐプロテクトを解除してコピーする行為は違法となりました。そのため、リッピングソフト自体もBDのコピー目的では使用できないことになります。

キャプチャソフトを使ってコピーする

映像機器から出力されたデータを、別の装置やソフトで取り込んで保存することを「キャプチャ」や「ビデオキャプチャ」などと呼びます。

リッピングが制限されたことにより、リッピングに代わる新しいコピー方法としてキャプチャが注目されています。なぜなら、キャプチャ以外の方法ではBDをコピーすることが事実上できないからです。

キャプチャは、BDプレイヤーで再生された映像をテレビのダビングのように保存する方法です。キャプチャソフトを利用すれば、パソコン上でBDを再生して、その映像を保存することができます。この方法は、リッピングソフトのようにBDのコピーガードを解除する必要がありません。

キャプチャソフトの問題点

キャプチャソフトは、動画の再生と録画という動作をパソコン上で同時に行います。そのためパソコンによっては大きな負荷がかかってしまい、音ズレやコマ飛びが発生することも少なくありません。

キャプチャーボードでコピーする

できるだけパソコンに負荷をかけずにキャプチャしたい場合は、「キャプチャーボードを使う」という手もあります。

キャプチャーボードには、大きく分けて「パソコンの内部に設置するタイプ」と「USBケーブルでパソコンのUSBポートに接続するタイプ」があります。

どちらかと言えばUSBタイプのキャプチャーボードがお勧めです。USB接続なら、マウスやキーボードなどのUSB機器と同じように簡単に接続することができます。

USBタイプでBDのコピーにも使えるキャプチャーボードは、EzCAP HDなどがあります。