Blu-rayコピー

BDコピーガードAACSの仕組み

chain-1329938_960_720

BDコピーはDVDコピーに比べるとリッピングソフトの数が少なく、難しいといってもいいでしょう。それはBDに搭載されているプロテクトAACSがDVDのプロテクトと比較して非常に強固であることが大きな原因になります。

また当サイトでも書いているとおり、AACSはBDの再生にも制御をかけています。AACSは他のコピーガードと異なり、アクセス制御をかけるアクセスコントロールの役目も果たしているコピーガードなのです。

今日はこのAACSについてにちょっと掘り下げてみましょう。

BDコピーガードAACSの仕組みについて

background-89176_960_720市販やレンタルBDや地デジ録画のBDにはそのすべてといっていいくらいAACSが搭載されています。AACSは「タイトルキー」「ボリュームキー」「メディアキー」「デバイスキー」の4つの鍵によって成り立っており、これがAACSが強固なプロテクトである所以にもなっています。

4つのキーがそれぞれデバイスキーがメディアキーを。メディアキーがボリュームキーを。ボリュームキーがタイトルキーを暗号化しています。この4つのキーが複合化されないとBDの再生ができません。

一番外側のキーであるデバイスキーはBDレコーダーやPCでのBDプレイヤーそれぞれに搭載されており、それぞれが異なります。そしてメディアキーは名前の通り、BDディスクに搭載されているキーのことで、AACSのバージョンが更新されるというのはこのデバイスキーとメディアキーの間で発生します。

AACSのバージョン

リッピングソフトなどの暗号解析はまず一番外側の「デバイスキー」の解除を行います。そして一度、「デバイスキー」が解除されるとAACSはそれ以降に製造されるBDディスクの「メディアキー」にDRL・HRLと呼ばれる解除された「デバイスキー」の情報を付随します。これにより、一度解除されたデバイスキーがそれ以上利用できないことを防いでいるわけです。これが俗にいうAACSのバージョンアップになります。

つまりは、今までリッピングが可能であったBDでも、レンタルなどで最新のBDを再生することによってその再生機器・PCのAACSバージョンがアップデートされ、リッピングが不可能な状態になってしまうわけです。

この「デバイスキー」と「メディアキー」のバージョンが合致したとき、初めて、最後の段階である「ボリュームキー」「タイトルキー」に移行します。そして映像データを複合化⇒再生可能になるわけです。

まとめ

コピーガードに関する記事でも話したとおり、ブルーレイ・BDは「ドライブ」「BDディスク」「再生ソフト」のAACSのバージョンが合致していなければ、再生すらできません。これの仕組みが今回説明した、複数の暗号化キーによるものということになります。

仕組み自体も非常に難解なもので、われわれ、BD情報サイト管理者も詳細なところまでは理解できていません。情報をまとめている私達が理解できていないということはDVDとBDの違いもよくわからない一般層がわかるはずもありません。これがBDコピーを非常に厄介なものにし、そしてBDの普及を妨げている根本なのです。

関連記事:BDがコピーできない理由と解決策|2016決定版

BDがコピーできない理由と解決策|2016決定版

DI_IMG_5697_TP_V

最近はDVDが過去の産物になり、
BD、ブルーレイが当たり前の時代になってきました。

DVDよりもBD、ブルーレイを買う人も多くなってきましたね。

ultra-hd-1194134_960_720

さらに、4K映像なるものも登場して、
映像はさらに綺麗に細部まで楽しむことができる時代がもうすでにそこまできています。

その中でBD、ブルーレイディスクをコピーしたい!!と思う人も多くいるのも事実。

しかし、BDコピーはDVDコピーよりもPCのスペックが必要だったり、
そもそも方法がなかったりします。

そこで今回は2016年決定版と称して、
BDコピーを徹底解明していきたいと思います。

BDがコピーできない理由はコレだ!

BD、ブルーレイがコピーできないのには理由があります。

通常、BDコピーをする場合は、
リッピングソフトを使います。

DVDFab 9やDVDFab HD Decrypterなどがそれです。

通常、BDやブルーレイには映像・音声データをコピーできないように、
コピーガードなどのプロテクトがかかっています。
これはDVDも同じです。

リッピングソフトはそのコピーガードを解除して、
中身のデータを複製するソフトというわけです。

DVDのコピーガードに代表されるCSSが比較的容易に解除できるのに対して、
BD、ブルーレイにはより強固なAACSというプロテクトが搭載されています。

このAACSは暗号が解読されても、
遠隔アップデートが可能なコピーガードなので、
たとえ、一度解除ができたとしても修正が入れば、またリッピングできなくなるわけです。

よく「最新のBDのコピーに対応!」なんていわれてるのはコレのことなんですね。

なので、BDコピーに対応しているリッピングソフトは、
DVDリッピングソフトよりも圧倒的に数が少ないのです。

そもそもBDコピーできるリッピングソフトが少ない

当サイトでもBDリッピングソフトについては、
個別に紹介してますが、まずフリー・無料のBDリッピングソフトは無いと思っていいです。

DVDFab HD DecrypterなどBDリッピングフリーソフトを謳っていますが、
無料なのは最初の試用期間だけで、期間が過ぎると有料正規版に誘導されます。

BDリッピングにはプロテクトの解除に高度な技術が必要とされるため、
フリーソフトなど個人の開発は厳しいわけです。

BDリッピングソフトを使ってもコピーができない

また、BDリッピングソフトをせっかくインストールしても使えないという方が結構います。

DI_IMG_5697_TP_V

これはリッピングしようとしているBDディスクとリッピングソフトの相性だったり、
PCとの相性、そもそもPCスペックが足りなかったりすることが原因です。

また、リッピングソフトを使っている方の多くが、
多くの関連ソフト・プログラムをインストールしているため、それが影響を及ぼしている可能性もあります。
リッピング終了間近のファイナライズでエラーが発生した、という声も数多く存在します。

通常のソフトであれば、
開発元に問い合わせてサポートを受けられますが、
リッピングソフトはそのすべてが海外製であり、サポートを受けにくいという問題もあります。

これにより、BDコピーができないまま諦めてしまう人も多いのです。

諦めるだけならまだしも、
ソフトを入れたことによりPCが重くなったり、ウィルスの危険性も否めません。

地デジ録画したBDのコピーができない

BDコピーができないと悩んでいる人の何割かは、
地デジ録画したBDのコピーについてだと思います。

BD、ブルーレイが急速に普及していったのは地デジによる恩恵が大きいといわれています。

children-403582_640

地デジ以降で多くの家庭がテレビを買い換えたおかげで、
BD対応機器が各家庭に普及したわけです。

地デジで録画した映像はDVDよりもより高解像度なBDに書き込まれ、
これをコピーしたい人も多く存在します。

しかし、地デジ録画BDのコピーには先に話したAACSとは異なるプロテクトがかかっています。
それがCPRMです。コピーワンスやダビング10などもこれに関係します。

このCPRMは通常のBDリッピングソフトでは解除できません。
CPRMを解除する専用のソフトが必須となっています。

著作権法改正によるリッピングの違法化

また、2012年の10月に著作権法が改正されて以降、
リッピングソフトの国内での販売及び利用は違法となりました。

defense-attorney-840062_960_720

これは個人利用でも適用されます。
リッピングソフトなどのツールを使って、
AACSやCPRMを解除することは違法行為になってしまうのです。

現状では処罰は制定されていませんが、
ダウンロード処罰化など、著作権絡みの法改正への注目は増しているので、
リッピングソフトを使ったBDコピーは絶対に推奨しません。
また、当サイトではリッピングソフトを使ったBDコピー方法は紹介しておりませんのでご安心ください。

BDがコピーできない!の解決策

ここまで長々とBDコピーに関する現在の状況をまとめさせていただきました。

簡単にいえば、現在のBDコピーはそれを可能にするソフト自体が少ない上に、
日本国内での使用が違法というかなり厳しい状況なわけです。

しかし、安全にBDコピーができる方法があります。

それが、最近、ゲーム実況の映像録画などで脚光を浴びている、
キャプチャボードを使ったBDコピー方法です。

キャプチャボードなら安全にBDコピーが可能

キャプチャボードはソフトとは異なり、ハードウェア機器になります。

sozai

リッピングソフトが、
BDのデータの中身に入ってコピーするのに対して、
キャプチャボードは、
BDプレイヤーから出力された映像を録画する形でコピーをします。

この2つの差はプロテクトの解除をしているかしていないかです。

キャプチャボードは、
再生映像をそのまま録画するので、プロテクト未解除=安全にBDコピーができるわけです。

通常、BDを見る場合、
プレイヤーとテレビをHDMIやアナログ端子で接続します。

このプレイヤーとテレビの間にキャプチャボードをかませることにより、
プレイヤーの映像をキャプチャボードで録画することができるわけです。

キャプチャボードの有用性と欠点

キャプチャボードを使ったBDコピーのメリットは安全性だけではありません。

この方法ならプロテクトを解除せずにコピーできるので、
AACSだろうがCPRMだろうが映像がキャプチャボードに出力さえできれば、
プロテクトの種類に関係なくコピーができます。

また、キャプチャボードによっては、
デジタル、アナログ端子にも対応しているものがあるので、
BDだけでなく、DVD、VHS、PC映像、ゲーム映像など…
出力可能な映像をすべてコピーできるという強みがあります。

ただ、もちろんキャプチャボードにも欠点があります。

それは、録画という形でコピーを行うため、
2時間の映像ならコピーに2時間かかるわけです。仕組みは完全にテレビの録画と同じです。

また、基本的にキャプチャボードでのBDコピーには、
お使いのBDプレイヤーの端子がキャプチャボードの端子に対応している必要があります。

ただ、それでもキャプチャボードは、
PCに不慣れな方でも使いやすいBDコピー方法として認知されつつあります。

おすすめのキャプチャボード

最後に当サイトでおすすめしている
BDコピーのためのキャプチャボードを紹介します。

header

当サイト管理人も利用しているキャプチャボードがEzCAP HDです。

EzCAP HDをおすすめする理由は、
PCを必要とせずにBDコピーができるところにあります。

通常のキャプチャボードは、
PCに録画用のソフトをインストールし、
PC上で録画をするタイプ多く、
これだとPCスペックやMacユーザーなどに懸念が残ります。

P1310279

しかし、このEzCAP HDは、
完全にPCを使わずに機器のボタンで録画開始/終了が可能になっています。
直感的にBDコピーができるのはかなりありがたいはずです。

他にも…

◆保存はUSBでMP4動画として保存
◆マイク入力搭載
◆HDMI、コンポーネント、コンポジットの端子に対応
(HDMIは再生機器によりプロテクトがかかる場合があります)

と、トータルパフォーマンスに優れているキャプチャボードです。

キャプチャボードを検討している方は参考にしてみてください。

>>>EzCAP HDの詳しい情報はコチラから<<<

まとめ

BDコピーはDVDコピーと比べ敷居が高いといわれています。
それはフリーソフトがほぼ無いのとコピーに高PCスペックが必要だからです。

2016年現在ではキャプチャボードの映像録画方法が、
安全なBDコピーの最有力候補となっていますが、
これはあくまで現状の話です。

昨今、かなり著作権絡みの法改正が急ピッチで進んでいますので、
リッピングソフトの処罰化やキャプチャボードの規制も進んでいくかもしれません。

当サイトでは今後もBDコピーに関する情報をお届けしていきますので、
ぜひ、気になる方はいろいろ見ていただけると嬉しいです。

著作権法に対応したPC不要のBDコピー方法!!


ezhd_stepimg01BDのAACSを解除することなく映像をコピーするからAACSのバージョンも関係ナシ!!

PCを使わないで本体ボタンを押すだけの直感操作!!保存動画はMP4!!

  • BDだけでなくDVDやVHSなどいろいろな映像をコピーしたい
  • リッピングソフトは難しい…
  • PCをもっていない or Macユーザー
  • スマホでBD映像を見たい

それを可能にしてくれるのがEzCAP HDです

>>>EzCAP HD公式サイト<<<