いまさら聞けない!?BDとDVDの違い

girl-826876_640

BDコピーしたい!!BDリッピングしたい!!

なんて言ってますが…

DVDとBDの違いって何??って言われたら、
ちゃんと答えられますか??

意外にもBDはDVDよりも画質がキレイというくらいしか知らない人が多いんです。

今回はおさらいとしてBDとDVDの違いについて書いていきたいと思います。

DVDとBDはこんなに違う!!

DVDとBDって見た目がまったく一緒だから、
値段が高いのがBDで安いのがDVDというイメージがあります。

調べてみると録画用のDVD-Rが50枚入り1100円に対し、
BD-Rは2400円ほどになります。

222

Amazonで市販の映画のDVD版とBD版を比べてみても、
倍とまではいかなくてもやはりDVDよりもBDの方が高いです。
(数年前まではこの価格差がもっと開いていた気もします)

価格が違うのは画質がいいから??

価格がBDの方が高いのには、
画質の違いがあります。

画質というとちょっとアバウトなのですが、
対応している解像度がDVDとBDでは異なるわけです。

DVDが720×480対応に対して、
BDは1920×1080まで対応しています。

解像度というのは画像の密度のことを指し、
画像の点を1とするとDVDは横に720。縦に480の点を打つことができます。
対して、BDはその2倍以上の点を打つことができるわけです。

この点に色をつけて、画像は表現されるので、
点の数が多いほど、より彩色密度が濃いものになります。

これがDVDよりもBDの方が画質がキレイな理由なわけです。

ちなみに画素数はDVDが約35万画素に対し、
BDは約207万画素まで画像を映し出すことが可能です。

DVDよりも容量が大きいというメリット

BDはDVDよりもデータを入れることができる容量が大きいというメリットがあります。

これは地デジ録画用などにBD-Rを購入したことがある方ならラベルなどに書いてあるので知ってると思いますが、
片面DVDが4.7GBの容量に対し、BD-Rは25GBもデータ容量があります。つまりはDVD-R10枚分でBD-R1つ分になります。

そのため、映像などを録画する際にBDの方が映像を多くの時間録画できるだけでなく、
元の映像をそのまま録画することができるわけです。

DVDだと、例えば、元の映像が1080画質だった場合、
480に圧縮されて録画されてしまうということになります。

BDがDVDよりも容量が大きいのには他にもメリットがあります。

音声もBDの方がよい

単純にDVDよりもBDの方が容量が大きいので、
音声もよりクリアに情報を記録することが可能です。
しかし、音声に関してはヘッドフォンなど、他環境の影響もあるので、
そこまで差は感じられないでしょう。

BDの欠点はほぼなくなっている

5年以上前はまだDVDが全盛期で、
BDはメジャーではなく、BDに対応している機器も少なかったわけですが…

現在はBDがDVDの半分のシェアまで追いついており、
販売されているプレーヤーやレコーダーもほぼBD再生に対応してるので、
DVDからBDに移行するメリットはあってもデメリットはまったくないと思います。

まとめ

DVDとBDの大きな違いは、
容量と画質にあるわけです。

なんとなく、みんなわかってることなのですが、
なぜ画質がいいのがということまでは把握できていないと思います。

BDの普及率はDVDの普及のスピードとまではいきませんが、
2016年現在、どの家庭にも普及しています。

DVDからBDに移るとそこまで大差を感じないかもしれませんが、
BDからDVDに戻るとその差が歴然と分かると思います。

最近は4Kなるものが出てきていますが、
これは解像度が4000×2000に対応しているということになります。

解像度という概念が分かると映像関係がより分かりやすくなりますね。

BDコピーソフト AnyDVD HDの終了について

日本時間2016年2月24日BDリッピングソフト AnyDVD HDがサイトを閉鎖し、
リッピングソフトの販売から完全撤退しました。

cats

現在も販売サイトは画像のように見れなくなっています。

AnyDVD HDとは??

AnyDVD HDは、DVDリッピングソフトAnyDVDのパワーアップ版で、
AnyDVD HDにはDVDだけでなくHDDVD、BDのリッピングが可能になっています。

animal-957379_960_720

キツネのマークで有名ですね。

ソフトを起動し、操作するタイプではなく、
デバイスに常駐されるタイプなので、PCドライブにBDが入っていれば、
自動で読み込みを行ってくれます。

AnyDVD HDはもちろん、AACSなどのコピーガードを解除することが可能なので、
コピーガードが搭載されているBDをAnyDVD HDでリッピングすることは違法行為になります。

AnyDVD HDはフリーソフトではない

AnyDVD HDはDVDFabと同様で試用期間が設けられており、
その試用期間(21日間)が過ぎると有料のライセンス購入が必要になります。

cats1

BDコピーソフトの中でもAnyDVD HDは常駐ソフトであり、
日本語パッチもあるので使いやすいと評判のようです。

AnyDVD HDの終了

冒頭でも書いたとおり、
先月2月にAnyDVD HDの開発元Slysoftの公式サイトが閉鎖されました。

cats2

公式サイトには以下の記述があります。

Due to recent regulatory requirements we have had to cease all activities relating to SlySoft Inc.
We wish to thank our loyal customers/clients for their patronage over the years.

「近年の規制の動きにより、我々SlySoft社は関連するすべての活動を停止しなければなりませんでした。
長年にわたってご愛好いただいた顧客のみなさまに感謝致します」

と、ソフト販売活動から撤退する旨を説明しています。

公式サイトが閉鎖された現在も「RedFox.bz Forums」として、サイトは存続しており、
AnyDVD HDの最新のインストールが可能です。しかし、コレは有料版をすでに購入しているユーザー向けのサービスで、
新規ユーザーはダウンロードしてもライセンスエラーが出て使用できません。

それでも、今後のRedFox.bz Forumsに注目していく必要があるでしょう。

 

原因は映画会社の圧力

どうやら今回、このような顛末になった背景には、
映画会社の圧力があったようです。

やはり著作権法に違反しているわけですから、
罰金などを支払うことが以前にもあったみたいですね。

hollywood-573444_960_720

アメリカの映画会社なんてかなり大きな団体ですから、
かなりの圧力があったのではないかと予想されます。

実はSlySoft社はアメリカに本拠地があるのではなく、
中南米のアンティグア・バーブーダにあるので、
アメリカの法律は適用外になっていたのです。

しかし、2012年にこの国でも著作権法が制定され、
今回の閉鎖につながったのではないかといわれています。

まとめ

今回調べて思ったのは著作権法については、
日本だけでなく海外もどんどん規制されてるということ。

なんとなく、日本だけ著作権法が厳しいなんてイメージがありますが、
海外の方が著作権に関してはシビアのようですね。

このようなリッピングソフトの終了のニュースを聞くと、
ますます著作権法が厳しくなっていくのではない懸念が残ります。

関連記事:BDがコピーできない理由と解決策|2016決定版

BDコピーを無料でするフリーソフト|MakeMKV

0I9A7044_TP_V

BDコピーを無料でするツールはネットでフリーツールとして、
ダウンロードすることが可能です。

しかし、プロテクトのかかっているBDのリッピング行為は著作権法の改正により、
違法になりますので絶対に行ってはいけません。

BDコピーを完全無料で行えるフリーソフトはない

2016年3月、現在、BDコピーを完全無料で行えるフリーソフトはありません。

完全無料というのは無制限という意味です。

DVDFabやMakeMKVというBDリッピングソフトは、
無料で使えますが、試用期間に限定されます。

試用期間は30日間です。これ以降の利用には正規版の購入が必要になります。

BDコピーフリーソフト MakeMKVの使い方

BDコピーフリーソフト MakeMKVは、
試用期間の30日間だけ無料での利用ができます。Mac版もあります。
cats
日本語パッチも対応しており、
また、2クリックでBDコピーができるという特徴があります。

インストール自体も海外フリーソフトにありがちな、
ソフトとは関係のないプログラムが付属でインストールされることもありません。

MakeMKVは利用開始から30日感のシェアウェア

cats3

インストールが終わると、
ポップアップが開き、30日間の利用後は、
コンテンツキーを購入しなくてはいけないことが書かれています。

r2その後、ステータス画面に移行し、
ドライブにBDが入っていれば、自動で読み込みを始めてくれます。

ドライブ情報が正常に読み込まれたら、
Blu-ray Discのアイコンをクリックし、ディスクの読み込みを行いましょう。

cats4
ディスクの読み込みが終了したら、
あとは右上の「Make MKV」をクリックすれば、
BDコピーが始まります。

コピーされるのはあくまでMKVファイル

コピー出力されたファイルはMKVファイルで出力保存されます。

cats7

一見するとMKVファイルは動画の拡張子のように見えますが、
映像と音声、チャプター・字幕情報をまとめたコンテナファイルなのです。

しかし、MKVファイルの再生に対応したプレイヤーが必要であり、
書き込みを行う場合はMKVファイルに対応した書き込みソフトが必要になります。

まとめ

MakeMKVは通常のリッピングソフトというよりは、
ソフト名通り、MKVファイルを作り出すコピーソフトといえるでしょう。

MKVという拡張子自体がMP4などのメジャーな拡張子のように広く分布すれば、
その後の編集等がしやすくなるかもしれません。

>>>MP4保存でBDコピーしてくれるキャプチャボード EzCAP HD

BDコピーフリーソフト DVDFab HD Decrypterの期限切れに注意!!

person-840784_640

BDコピーをするためには、
BDの中身のデータを抜き取るリッピングという方法と、
BDの映像を録画機器に出力させて録画するキャプチャ方式があります。

2012年の著作権法改正までは、
DVDもBDもリッピングソフトを使うのが早く、そして確実でした。

おそらくコレは間違いないでしょう。

リッピングソフトはBDのデータをまるごとコピーしてくれるので、
チャプターやメニューなども引き継ぐことができるからです。

しかし、2012年の著作権法改正により、
日本国内でのリッピングソフトの利用は違法行為となってしまいました。

DVDFab HD DecrypterというBDリッピングソフト

BDリッピングソフトはたとえ、個人利用の範囲でも違法行為になります。
しかし、現在のところ、具体的な違法行為に関する処罰・罰則は制定されていません。

なので、いまだにリッピングフリーソフトを使う人が多いのも事実なのです。

そりゃ誰だって、
無料で使えるのであればフリーソフトでBDコピーしたいと思います。

しかし、日本国内でのBDリッピングソフトの利用は2016年現在、違法行為になるのです。

GREEN_cyomecyome_TP_V

そして、BDコピーについていえば、
完全なBDコピーフリーソフトはありません。

DVDFab HD Decrypterの利用は期限付き

BDコピーフリーソフトに「DVDFab HD Decrypter」というソフトが存在します。
このソフトもいわゆるリッピングソフトになります。

このDVDFab HD Decrypterは、DVDFabという中国のDVDコピー商品の1つであり、
フリーソフトとしてダウンロード利用することが可能です。

しかし、このDVDFab HD Decrypterは30日間の試用期間後、
大幅な機能制限がかかりBDコピーはできなくなります。

試用期間後の継続利用には製品版の購入が必要になるわけです。

日本国内で販売されている製品版は機能が制限されている

そして、有料版の製品版にはBDをリッピングする機能は搭載されていません。
日本国内でBDプロテクトを解除する機能を搭載したソフトの販売は違法になるからです。

つまり、無料お試し版で配布されているDVDFab HD Decrypterは、
海外版であり、
実際に購入する正規版は日本仕様になっているのです。

なので、試用期間後に製品版を購入しても、
そのまま機能が使えるとは限らない、という点に注意してください。

関連記事:BDがコピーできない理由と解決策|2016決定版

日本販売されているDVDFabでBDコピーする方法

AmazonのDVDFabのレビューには使えるという意見と使えないという意見が混在しています。

amazon

これにはカラクリがあり、
使えるという人たちはDVDFabをダウンロードしてそのまま利用しているのではなく、
あるものをインストールすることでBDコピーを可能にしています。

また、DVDFab自体はDVD、BDのコピーツールとしてではなく、
動画の変換、書き込み機能など多くの機能が搭載されています(パック版)。

違法にならない(リッピング行為)使い方をすれば、
DVDFabも問題なく利用できますので一度、調べてみることをおすすめします。

まとめ

BDのコピーソフトは、
DVDとは異なり、フリーツールは現在のところありません。

あるとしても、
あまりメジャーではない海外製のツールでしょう。

これらをインストールするのは非常に危険です。
最悪、PCがウィルスに感染する可能性があります。

そこまでしてBDコピーがしたいのであれば、
大人しく市販BDを購入するかキャプチャ方式でのBDコピーを推奨致します。

>>>BDコピーに適したキャプチャボード EzCAP HD

BDがコピーできない理由と解決策|2016決定版

DI_IMG_5697_TP_V

最近はDVDが過去の産物になり、
BD、ブルーレイが当たり前の時代になってきました。

DVDよりもBD、ブルーレイを買う人も多くなってきましたね。

ultra-hd-1194134_960_720

さらに、4K映像なるものも登場して、
映像はさらに綺麗に細部まで楽しむことができる時代がもうすでにそこまできています。

その中でBD、ブルーレイディスクをコピーしたい!!と思う人も多くいるのも事実。

しかし、BDコピーはDVDコピーよりもPCのスペックが必要だったり、
そもそも方法がなかったりします。

そこで今回は2016年決定版と称して、
BDコピーを徹底解明していきたいと思います。

BDがコピーできない理由はコレだ!

BD、ブルーレイがコピーできないのには理由があります。

通常、BDコピーをする場合は、
リッピングソフトを使います。

DVDFab 9やDVDFab HD Decrypterなどがそれです。

通常、BDやブルーレイには映像・音声データをコピーできないように、
コピーガードなどのプロテクトがかかっています。
これはDVDも同じです。

リッピングソフトはそのコピーガードを解除して、
中身のデータを複製するソフトというわけです。

DVDのコピーガードに代表されるCSSが比較的容易に解除できるのに対して、
BD、ブルーレイにはより強固なAACSというプロテクトが搭載されています。

このAACSは暗号が解読されても、
遠隔アップデートが可能なコピーガードなので、
たとえ、一度解除ができたとしても修正が入れば、またリッピングできなくなるわけです。

よく「最新のBDのコピーに対応!」なんていわれてるのはコレのことなんですね。

なので、BDコピーに対応しているリッピングソフトは、
DVDリッピングソフトよりも圧倒的に数が少ないのです。

そもそもBDコピーできるリッピングソフトが少ない

当サイトでもBDリッピングソフトについては、
個別に紹介してますが、まずフリー・無料のBDリッピングソフトは無いと思っていいです。

DVDFab HD DecrypterなどBDリッピングフリーソフトを謳っていますが、
無料なのは最初の試用期間だけで、期間が過ぎると有料正規版に誘導されます。

BDリッピングにはプロテクトの解除に高度な技術が必要とされるため、
フリーソフトなど個人の開発は厳しいわけです。

BDリッピングソフトを使ってもコピーができない

また、BDリッピングソフトをせっかくインストールしても使えないという方が結構います。

DI_IMG_5697_TP_V

これはリッピングしようとしているBDディスクとリッピングソフトの相性だったり、
PCとの相性、そもそもPCスペックが足りなかったりすることが原因です。

また、リッピングソフトを使っている方の多くが、
多くの関連ソフト・プログラムをインストールしているため、それが影響を及ぼしている可能性もあります。
リッピング終了間近のファイナライズでエラーが発生した、という声も数多く存在します。

通常のソフトであれば、
開発元に問い合わせてサポートを受けられますが、
リッピングソフトはそのすべてが海外製であり、サポートを受けにくいという問題もあります。

これにより、BDコピーができないまま諦めてしまう人も多いのです。

諦めるだけならまだしも、
ソフトを入れたことによりPCが重くなったり、ウィルスの危険性も否めません。

地デジ録画したBDのコピーができない

BDコピーができないと悩んでいる人の何割かは、
地デジ録画したBDのコピーについてだと思います。

BD、ブルーレイが急速に普及していったのは地デジによる恩恵が大きいといわれています。

children-403582_640

地デジ以降で多くの家庭がテレビを買い換えたおかげで、
BD対応機器が各家庭に普及したわけです。

地デジで録画した映像はDVDよりもより高解像度なBDに書き込まれ、
これをコピーしたい人も多く存在します。

しかし、地デジ録画BDのコピーには先に話したAACSとは異なるプロテクトがかかっています。
それがCPRMです。コピーワンスやダビング10などもこれに関係します。

このCPRMは通常のBDリッピングソフトでは解除できません。
CPRMを解除する専用のソフトが必須となっています。

著作権法改正によるリッピングの違法化

また、2012年の10月に著作権法が改正されて以降、
リッピングソフトの国内での販売及び利用は違法となりました。

defense-attorney-840062_960_720

これは個人利用でも適用されます。
リッピングソフトなどのツールを使って、
AACSやCPRMを解除することは違法行為になってしまうのです。

現状では処罰は制定されていませんが、
ダウンロード処罰化など、著作権絡みの法改正への注目は増しているので、
リッピングソフトを使ったBDコピーは絶対に推奨しません。
また、当サイトではリッピングソフトを使ったBDコピー方法は紹介しておりませんのでご安心ください。

BDがコピーできない!の解決策

ここまで長々とBDコピーに関する現在の状況をまとめさせていただきました。

簡単にいえば、現在のBDコピーはそれを可能にするソフト自体が少ない上に、
日本国内での使用が違法というかなり厳しい状況なわけです。

しかし、安全にBDコピーができる方法があります。

それが、最近、ゲーム実況の映像録画などで脚光を浴びている、
キャプチャボードを使ったBDコピー方法です。

キャプチャボードなら安全にBDコピーが可能

キャプチャボードはソフトとは異なり、ハードウェア機器になります。

sozai

リッピングソフトが、
BDのデータの中身に入ってコピーするのに対して、
キャプチャボードは、
BDプレイヤーから出力された映像を録画する形でコピーをします。

この2つの差はプロテクトの解除をしているかしていないかです。

キャプチャボードは、
再生映像をそのまま録画するので、プロテクト未解除=安全にBDコピーができるわけです。

通常、BDを見る場合、
プレイヤーとテレビをHDMIやアナログ端子で接続します。

このプレイヤーとテレビの間にキャプチャボードをかませることにより、
プレイヤーの映像をキャプチャボードで録画することができるわけです。

キャプチャボードの有用性と欠点

キャプチャボードを使ったBDコピーのメリットは安全性だけではありません。

この方法ならプロテクトを解除せずにコピーできるので、
AACSだろうがCPRMだろうが映像がキャプチャボードに出力さえできれば、
プロテクトの種類に関係なくコピーができます。

また、キャプチャボードによっては、
デジタル、アナログ端子にも対応しているものがあるので、
BDだけでなく、DVD、VHS、PC映像、ゲーム映像など…
出力可能な映像をすべてコピーできるという強みがあります。

ただ、もちろんキャプチャボードにも欠点があります。

それは、録画という形でコピーを行うため、
2時間の映像ならコピーに2時間かかるわけです。仕組みは完全にテレビの録画と同じです。

また、基本的にキャプチャボードでのBDコピーには、
お使いのBDプレイヤーの端子がキャプチャボードの端子に対応している必要があります。

ただ、それでもキャプチャボードは、
PCに不慣れな方でも使いやすいBDコピー方法として認知されつつあります。

おすすめのキャプチャボード

最後に当サイトでおすすめしている
BDコピーのためのキャプチャボードを紹介します。

header

当サイト管理人も利用しているキャプチャボードがEzCAP HDです。

EzCAP HDをおすすめする理由は、
PCを必要とせずにBDコピーができるところにあります。

通常のキャプチャボードは、
PCに録画用のソフトをインストールし、
PC上で録画をするタイプ多く、
これだとPCスペックやMacユーザーなどに懸念が残ります。

P1310279

しかし、このEzCAP HDは、
完全にPCを使わずに機器のボタンで録画開始/終了が可能になっています。
直感的にBDコピーができるのはかなりありがたいはずです。

他にも…

◆保存はUSBでMP4動画として保存
◆マイク入力搭載
◆HDMI、コンポーネント、コンポジットの端子に対応
(HDMIは再生機器によりプロテクトがかかる場合があります)

と、トータルパフォーマンスに優れているキャプチャボードです。

キャプチャボードを検討している方は参考にしてみてください。

>>>EzCAP HDの詳しい情報はコチラから<<<

まとめ

BDコピーはDVDコピーと比べ敷居が高いといわれています。
それはフリーソフトがほぼ無いのとコピーに高PCスペックが必要だからです。

2016年現在ではキャプチャボードの映像録画方法が、
安全なBDコピーの最有力候補となっていますが、
これはあくまで現状の話です。

昨今、かなり著作権絡みの法改正が急ピッチで進んでいますので、
リッピングソフトの処罰化やキャプチャボードの規制も進んでいくかもしれません。

当サイトでは今後もBDコピーに関する情報をお届けしていきますので、
ぜひ、気になる方はいろいろ見ていただけると嬉しいです。

著作権法に対応したPC不要のBDコピー方法!!


ezhd_stepimg01BDのAACSを解除することなく映像をコピーするからAACSのバージョンも関係ナシ!!

PCを使わないで本体ボタンを押すだけの直感操作!!保存動画はMP4!!

  • BDだけでなくDVDやVHSなどいろいろな映像をコピーしたい
  • リッピングソフトは難しい…
  • PCをもっていない or Macユーザー
  • スマホでBD映像を見たい

それを可能にしてくれるのがEzCAP HDです

>>>EzCAP HD公式サイト<<<

BDコピーにおすすめのキャプチャーボード

キャプチャーボードはUSB接続タイプがおすすめ

一口にキャプチャーボードと言っても、性能や使い勝手はピンからキリまであります。

キャプチャーボードを大別すると、パソコンの内部に組み込むタイプパソコンにUSBケーブルで接続するタイプがあります。

USBタイプが断然おすすめです。

USB接続のキャプチャーボードは、パソコン・キャプチャーボード・プレイヤーの3つをケーブルで接続して使います。BDプレイヤーをテレビにつなぐイメージとほぼ同じです。

パソコンに専用のキャプチャーソフトをインストールする場合もありますが、これも通常のソフトのインストールと大体同じ手順です。

プレイヤーでBDを再生すると、キャプチャーボードを経由して、パソコンの画面に映像・音声が表示されます。それをキャプチャーソフトで録画します。

USB接続タイプのキャプチャーボードは、「EzCAP HD」がおすすめです。EzCAP HDは対応しているケーブルの種類が多く、高画質で動画を保存できる点が特徴です。

BDやDVDを始め、VHSやゲーム機の映像を保存することも可能です。

EzCAP HDの詳細は販売元の通販サイトで確認できます。国内の会社なので、問い合わせやカスタマーサポートもすべて日本語でOKです。

最後に

海外製のソフトやマニアックなパソコン周辺機器を購入する前に、一度こちらを検討してみてはどうでしょうか。同様のキャプチャーボードを販売している会社・ショップはたくさんありますが、無料の日本語サポートや詳細なマニュアルが付属している商品は多くありません。

USB接続タイプなら、パソコン初心者でも安心ですね。

キャプチャーボードの選び方

キャプチャーボードはたくさんの種類が販売されていますが、どの製品も基本的な仕組みや使い方はほぼ同じです。見た目やフィーリングで選んでも構いません。

しかし、対応端子には注意が必要です。自分が持っているプレイヤーにどんな端子が付いているか事前にチェックしましょう。

HDMI、コンポーネント、Sビデオ、コンポジットの4つの端子に対応したEzCAP HDという製品もあります。EzCAP HDは対応端子の種類が多いので、BDプレイヤーだけでなく、DVDプレイヤーやHDDレコーダーなどもキャプチャできます。EzCAP HDはパソコンにUSBケーブルで接続して使えるタイプの汎用キャプチャーボードです。

EzCAP HDのようなUSB接続タイプのキャプチャーボードは、パソコンの改造は必要なく、ノートパソコンでも使えるのでおすすめです。パソコン操作が苦手な方もUSB接続タイプを選ぶと良いでしょう。USB接続なら、ポータブルHDDと同じように手軽に使えます

■EzCAP HD公式サイト

ブレーレイをEzCAP HDでコピーしてみる

ブレーレイディスクをコピーする方法の一例として、ここでは「EzCAP HD」というキャプチャーボードを使ってみます。EzCAP HDでBDをコピーする方法をざっくりとまとめてみました。

まず、BDプレイヤーとEzCAP HDを「コンポーネントケーブル」で接続します。コンポーネントケーブルは、緑・青・赤の端子です。※EzCAP HDはHDMIケーブルにも対応していますが、HDMIケーブルで転送される信号は「HDCP」というプロテクトがかかりキャプチャできないことがあります。

BDPlayer

▲BDプレイヤーの背面。「Y Pb Pr」がコンポーネント端子、右下がHDMI端子です。「コンポーネントケーブル」はEzCAP HDに1本付属します。BDプレイヤーなどに付属のコンポーネントケーブルがあればそちらを使っても構いません。

Component

▲BDプレイヤーのコンポーネント端子にこのケーブルを接続します。

HDMI

▲こちらがHDMIケーブル。「HDCP」というコピーガードでキャプチャできない場合があります。

コンポーネントケーブルは映像専用です。映像と音声を同時にキャプチャするには「オーディオケーブル」も一緒に接続します。こちらもEzCAP HDに付属します。

Audio

▲こちらがオーディオケーブル。プレイヤーの「右 – 音声 – 左」の端子に接続します。

下の画像は、「コンポーネントケーブル」と「オーディオケーブル」でBDプレイヤーとEzCAP HDを接続した状態です。

Connection

▲キャプチャ準備完了。USBも使います。

付属のUSBケーブルでEzCAP HDをパソコンを接続します。

PC_USB

▲PCのUSBポートに接続した状態。

パソコンにはEzCAP HDのドライバーとキャプチャソフトをインストールしておきます。インストールと接続が終わったら、BDを再生します。するとEzCAP HDを経由して、BDの映像がパソコンに表示されます。

VivaStation

▲キャプチャソフトにBDプレイヤーの画面が表示されています。

キャプチャソフトの録画ボタンをクリックすれば、BDの映像が動画ファイルとして保存されます。

m2ts

▲ファイルはBlu-rayやハイビジョン放送と同じMPEG-2 TSで保存されます。

アイディア次第で使い方いろいろ。

キャプチャに必要なものはほとんどEzCAP HDで揃います。あとはパソコン、Blu-rayメディア、BDプレイヤーの3つを用意するだけです。

もちろん、BDだけでなくDVDやゲーム機、ビデオカメラ、スマートTVなどの映像もキャプチャすることができます。

EzCAP HDがあればアイディア次第でいろいろな使い方ができます。BDをコピーして楽しい動画ライフをお過ごしください。

ezcaphd_copy_link

できる?できない?検証!Blu-rayのコピー方法

BD

ブルーレイはDVDに比べて高画質で、映画を観ると臨場感が違いますよね。私はブルーレイの画質に慣れてしまったので、もうDVDには戻れません。

そんなブルーレイのコピーですが、ブルーレイディスクは著作権保護機能(コピーガード)でプロテクトされているため、パソコンに入れてもデータのコピーができないようになっています。

そして著作権保護機能を解除してコピーすることは、日本国内では違法となっています。

海外では著作権やブレーレイの扱いが日本と異なる国(イギリスや中国など)もあります。そういった国で開発・販売されているソフトの中には、ブレーレイディスクやDVDのコピーガードを解除する機能もあるようです。

しかし、日本ではそういったソフトは使えません。前述の通りコピーガードの解除が制限されているからです。

コピーガードを解除してブルーレイをコピーするリッピングソフトを使ってはいけません。

では、どうすればBDをコピーできるのか?

BDのコピーはキャプチャーボードで行います

キャプチャーボードは、BDプレイヤーやHDDレコーダーなどの映像・音声をパソコン用のデジタルデータに変換する装置です。これを使えば、ブレーレイの映像を動画ファイルとしてパソコンに保存することができます。

また、キャプチャーボードはBDやDVDのコピーガードを解除しないため、日本でも使うことができます。

キャプチャーボードの機能は単純なので、使い方はそれほど難しくありません。特にUSB接続のキャプチャーボードが簡単でおすすめです。パソコンの内部に組み込むタイプは、どちらかと言えば上級者向けです。

USB接続のキャプチャーボードは「EzCAP HD」がおすすめです。高画質で汎用性が高いので、ひとつ持っていれば何かと便利に使えそうです。

実は簡単なキャプチャーボード。USBで接続もラクラク

「リッピング」ではなく「キャプチャ」する

ブルーレイをコピーする方法として、「キャプチャーボード」がおすすめです。

キャプチャーボードは、プレイヤーやレコーダーなどの映像をパソコン用のデータに変換するツールです。これを使えばブルーレイの映像をパソコンにコピーすることが可能です。

キャプチャーボードは、BDプレイヤーなどで再生している映像を「録画」という形でコピーします。録画によるコピーはディスクのデータを抽出したり暗号化を解除したりはしません。そのため、BDやDVDのリッピングソフトを使ったコピーとは違い、AACSなどのコピーガードを解除しません

キャプチャーボードの使い方は実は簡単です

いきなりキャプチャーボードと言われても、何のことかさっぱり分からない方も多いでしょう。でも大丈夫。USBで接続するタイプなら、パソコンや機械類が苦手な方でもそれほど迷わずに使えると思います。

デスクトップパソコン用のキャプチャーボードは、PCケースの内側に取り付けるタイプが多いようです。しかしパソコンを自作する知識が必要なので敷居は高いでしょう。USB接続のタイプはマウスやキーボードと同じ感覚で接続できるので、非常に簡単です。また、ノートパソコンでも使えるという点は嬉しいですね。

USB接続のキャプチャーボードにもいろいろな種類があります。汎用性重視なら、4種類の端子に対応した「EzCAP HD」が使いやすいかもしれません。

EzCAP HDはこちらの公式サイトから詳細を確認できます。サポートページからマニュアルもダウンロードできるので、購入前に使い方をひと通りチェックしておくと良いでしょう。

汎用性の高いキャプチャーボードならBDだけでなくDVDやゲーム機なども録画できます。様々な使い方ができるので、宝の持ち腐れになりにくいと言えます。

■参考:EzCAP HD公式サイト